ファクタリングで資金を調達できる仕組みについて


ファクタリングの仕組みについて

ファクタリングとは、企業が保有する売掛金をファクトリング会社が買い取るサービスです。売掛金の回収までには時間がかかりますが、ファクタリング会社に手数料を支払うことで資金化することが可能になり、事業資金調達方法の一つとして用いられています。ファクタリングには2社間と3社間の2種類があります。2社間ファクタリングは、売掛先に知らせずに自社とファクトリング会社の間で完結させる方法です。売掛先との関係を損なわずに資金化することができますが、手数料が高めになる傾向があります。3社間ファクタリングは売掛先も含めた3社間で行うファクタリングです。売掛金は売掛先からファクトリング会社へ直接支払うので手数料が安くなりますが、売掛先に資金調達に困っているという印象を与えるかもしれません。

ファクタリングのメリットとは

ファクタリングのメリットは、入金までにタイムラグがある売掛金を早期に資金化できることです。銀行から融資を受ける場合では、書類の準備や審査があるために時間がかかりますし、信用がなければそもそも利用できない可能性があります。一方ファクタリングでは、売掛先の信用力が審査されるので中小企業でも利用しやすいです。銀行融資を断られた場合や売掛金の入金まで待てない場合では、ファクタリングは資金調達の有力な手段となります。デメリットとしては手数料が必要になることが挙げられます。継続して利用していると、逆に資金繰りが悪化するかもしれません。しかし、近年ではAIの技術を導入して手数料を抑えたサービスも増えつつあります。

企業が代金回収の期間を短縮することを目的として、他の企業にその権利を売却し、買い取り側の企業が、その代金回収を行う流れをファクタリングといいます