記事の印象はイラストで決まる?注目されやすいタッチの描き方を学ぼう!


記事にイラストが添えられる理由について

文章に添えられるイラストは内容を視覚的に表現し、意味を理解しやすくする効果があります。また、記事全体のイメージを左右する働きもあることから、イラストを添える際は構成やタッチに気を配ることが大切です。同じテーマのイラストでも描き方で与える印象が大きく変わります。そのため、場合によっては記事の内容が正しく伝わらないこともありますが、その一方で意図的に印象を操作する目的で特殊なタッチのイラストを採用するケースも存在します。イラストを記事に添える際はテーマに沿っていることや印象の与え方などを考慮して判断する必要があります。

イラストの描き方と注目されやすい技法

イラストの描き方は絶対的な法則やルールは無いので、個人の好みで描くことが出来ます。どのような描き方でも間違いではありませんが、陰影のつけ方や立体感の表現方法などはあらゆる描き方に共通する技法です。そのため、注目されやすく、強い印象をもたらすイラストに仕上げるためには専門知識を学び、技法を持つことが重要になります。イラストの描き方を学ぶための教室は各地で開かれている他、通信教育でも勉強することが可能です。商業イラストの需要は新聞や雑誌の記事の挿絵やカット、似顔絵など多彩です。また、イラスト単体での需要も多いので、イラスト作成を仕事にするには市場のニーズを理解したうえで、万人に伝わりやすいイメージを表現出来る技法を持つことが重要になります。誇張や省略、付け足しなど創造性に基づく技法も商業イラストの作成には不可欠です。

どの業界で働く際にも、イラストを描けるかどうかは大きな武器となります。そのためイラスト講座が人気です。