就業規則を早めに変更!人件費削減の相談も可能!


労働基準法の改正に先取り対応

会社では就業規則が作成されていて、従業員はそれに基づいて働かなければいけません。就業規則の元は労働基準法で、労働基準法よりも厳しい就業規則は作れません。労働基準法よりも緩い内容ならいくらでも問題ありません。労働基準法の改正は定期的に行われ、そのたびに社内で就業規則の変更を行うのは大変です。社会保険労務士は労務に関するスペシャリストで、労働基準法に関わる相談に対応してくれます。将来的に労働基準法が改正されるのが分かっている内容について、先取りして就業規則を変更してもらうと良いでしょう。急に対応しようとすると管理システムなどで不具合が生じるときもありますが、事前に時間をかけて行えば不具合も生じにくくなります。

人件費を減らすための就業規則変更

会社の経費の中でも多くの部分を占めるのが人件費かもしれません。従業員に給料や退職金を払わなくてはいけませんし、福利厚生費なども必要になります。従業員の士気を高めるには人件費のアップも仕方がないでしょうが、あまり人件費がかかり過ぎるのも問題になります。そこで社会保険労務士に相談をして就業規則の変更をしてもらいましょう。目的としては人件費を減らすための変更です。給料を減らす方法もあれば、給料を減らさずに行える変更もあります。退職金制度においては、企業型確定拠出年金を導入すれば企業側は運用コストを減らせます。従業員の士気を落とすと売上にも影響するかもしれないので、士気を落とさずに人件費を減らせる方法を考えてもらいましょう。

社会保険労務士の就業規則」は見積もりを取ると、平均で費用が20万円ほどかかります。通常は、5回ほど社会保険労務士が担当会社に訪問し、就業規則が完成します。